5分間でできる簡単な”ちょいトレ”ストレッチ【おすすめのRIAP LIVE配信動画】

easy-five-minute-stretches-001

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

忙しい日々を送る皆さん、”ちょいトレ”ストレッチングについてどれくらい知っていますか?

想像以上に、わずかな時間を投資するだけで、健康やパフォーマンスに大きな違いをもたらすことができます。それが、この記事のテーマである「1日5分でできる効果的な”ちょいトレ”ストレッチング」です。

本記事では、あなたが仕事の合間に行うことができる簡単で効果的な”ちょいトレ”ストレッチング方法を紹介します。

オフィスで、テレワーク中で、さらには通勤や出張中でも可能な”ちょいトレ”ストレッチング方法を、プロフェッショナルな視点から具体的に指導します。正しい方法で”ちょいトレ”ストレッチングを行うことで、体の緊張を和らげ、集中力を高め、生産性を向上させることができます。さらに、定期的な”ちょいトレ”ストレッチングは筋肉のバランスを改善し、体の健康をサポートします。

驚くべきことに、定期的な”ちょいトレ”ストレッチングはダイエットにも寄与します。そう、筋肉を動かすことで基礎代謝が上がり、体質改善に繋がるのです。あなたが求めている健康的な体を手に入れるための、まさに秘訣です。

この記事を通じて、1日5分という限られた時間を最大限に活用し、健康とパフォーマンスを向上させる方法を学びましょう。5分という時間が、あなたの1日、そして人生をどのように変えるかをご覧ください。あなたの新たな1日が、ここから始まります。


目次

”ちょいトレ”ストレッチングの重要性と仕事のパフォーマンス

なぜ”ちょいトレ”ストレッチングが必要なのか

easy-five-minute-stretches-009

1日の大部分をデスクで過ごす働き盛りの皆さん、肩こりや腰痛、頭痛はありませんか?

これらはすべて長時間座ったままでいることからくる問題です。ここで重要なのが”ちょいトレ”ストレッチングです。”ちょいトレ”ストレッチングによって筋肉がリラックスし、血流が改善され、これらの問題を軽減できます。

”ちょいトレ”ストレッチングが仕事のパフォーマンスに与える影響

easy-five-minute-stretches-010

さらに、”ちょいトレ”ストレッチングは仕事のパフォーマンスにも直接的な影響を与えます。短時間でも体を動かすことで、脳が酸素をより効率的に使えるようになり、集中力や生産性が向上します。


1日5分でできる”ちょいトレ”ストレッチングの種類

上半身の”ちょいトレ”ストレッチング

easy-five-minute-stretches-005

ここでは、首や肩、背中を中心に”ちょいトレ”ストレッチングする方法を紹介します。例えば、首をゆっくり左右に動かす、肩を前後に回すなどのシンプルな動きから始めましょう。

下半身の”ちょいトレ”ストレッチング

easy-five-minute-stretches-006

足腰も重要な部分です。立った状態で、膝を曲げずに前屈する、足首を回すなどのストレッチを行いましょう。

全身を使う”ちょいトレ”ストレッチング

easy-five-minute-stretches-007

全身を使った”ちょいトレ”ストレッチングも効果的です。例えば、大股で歩く、手を天井に向けて伸ばすなど、全身を動かすことでさらに血流が良くなります。


実際に試す: 仕事中に実行できる”ちょいトレ”ストレッチング例

オフィスでの”ちょいトレ”ストレッチング

easy-five-minute-stretches-012

オフィスでの”ちょいトレ”ストレッチングの例をいくつか紹介します。机に向かって座ったままでできるもの、立った状態で行えるものなど、さまざまなシチュエーションに対応できるようにしましょう。

首の”ちょいトレ”ストレッチング

  1. ストレートに座り、頭が自然に背骨の上に来るようにしてください。
  2. 首をゆっくりと前に倒し、できるだけ胸に近づけてください。
  3. 5秒間そのままでいた後、ゆっくりと頭を起こして元の位置に戻してください。
  4. 次に、頭をゆっくりと右に倒し、右肩に近づけてください。5秒間そのままでいた後、頭を起こして元の位置に戻してください。
  5. 最後に、頭をゆっくりと左に倒し、左肩に近づけてください。5秒間そのままでいた後、頭を起こして元の位置に戻してください。
  6. この動きを3回繰り返します。

肩の”ちょいトレ”ストレッチング

  1. ストレートに座り、足は床にしっかりとつけてください。
  2. 両手をシャワーを浴びるように上げて、手のひらを前に向けてください。
  3. 手のひらを押し出すようにして、肩甲骨が開くのを感じてください。
  4. そのまま5秒間保持した後、ゆっくりと手を下ろして元の位置に戻します。
  5. この動きを3回繰り返します。

背中の”ちょいトレ”ストレッチング

  1. ストレートに座り、足は床にしっかりとつけてください。
  2. 両手を前に伸ばし、手のひらを向かい合わせて交差させてください。
  3. そのまま手を前に押し出し、背中が丸くなるのを感じてください。
  4. そのまま5秒間保持した後、ゆっくりと手を下ろして元の位置に戻します。
  5. この動きを3回繰り返します。

これらの”ちょいトレ”ストレッチングは1日に何度でも行うことができます。しかしながら、無理に体を動かすのではなく、自分の体の感じ方に注意しながら行ってください。痛みを感じた場合はすぐに”ちょいトレ”ストレッチングを止めて、必要な場合は医療専門家に相談してください。

テレワーク中の”ちょいトレ”ストレッチング

easy-five-minute-stretches-008

自宅でのテレワーク中も”ちょいトレ”ストレッチングは欠かせません。家ならではの環境を活かして、より大きな動きの”ちょいトレ”ストレッチングも試してみてください。

腕と肩の”ちょいトレ”ストレッチング

  1. 座ったまま、右腕を左肩に向けて引き寄せます。
  2. 左手で右肩の後ろから右腕を押し、ストレッチ感が出るまで引き寄せます。ここで痛みを感じない範囲で行います。
  3. この状態を15秒間キープします。
  4. 右腕と左腕の位置を交換して、同じ動きを行います。

背中と胸部の”ちょいトレ”ストレッチング

  1. 座ったままで、両手を頭上に伸ばします。このとき手のひらが向かい合うようにします。
  2. 手のひらを天井に向けて押し上げるようにします。胸部が開く感覚と背中が伸びる感覚を感じましょう。
  3. この状態を15秒間キープします。

足と腰の”ちょいトレ”ストレッチング

  1. 椅子に深く座り、右足を左膝の上に交差させます。
  2. 右手を右膝の上に置き、ゆっくりと軽く押し下げます。腰やお尻にストレッチ感が出ます。
  3. この状態を15秒間キープします。
  4. 右足と左足の位置を交換して、同じ動きを行います。

以上の”ちょいトレ”ストレッチングは、テレワーク中の短い休憩時間に取り入れることができます。”ちょいトレ”ストレッチングは無理をせず、自分の身体の感じる範囲で行いましょう。痛みを感じた場合はすぐに”ちょいトレ”ストレッチングを止めてください。

移動中(通勤や出張)での”ちょいトレ”ストレッチング

easy-five-minute-stretches-019

通勤中や出張先でも”ちょいトレ”ストレッチングは可能です。例えば、電車内でできる軽い”ちょいトレ”ストレッチングや、ホテルの部屋で試せる”ちょいトレ”ストレッチング方法などを紹介します。

首の”ちょいトレ”ストレッチング

  1. 立った状態で、肩はリラックスさせて頭が自然に背骨の上に来るようにします。
  2. 首をゆっくりと右に傾け、右肩に近づけます。無理に下げる必要はなく、自分の範囲で大丈夫です。
  3. そのまま3-5秒間保持した後、頭を起こして元の位置に戻します。
  4. 次に、頭をゆっくりと左に傾け、左肩に近づけます。そのまま3-5秒間保持した後、頭を起こして元の位置に戻します。
  5. この動きを3回繰り返します。

腕の”ちょいトレ”ストレッチング

  1. 立った状態で、右腕を左に伸ばし、胸の前で左腕と交差させます。
  2. 左腕で右腕を抱き寄せ、右腕と肩にストレッチ感を感じます。
  3. そのまま3-5秒間保持した後、腕を元の位置に戻します。
  4. 次に、左腕を右に伸ばし、胸の前で右腕と交差させ、右腕で左腕を抱き寄せます。
  5. そのまま3-5秒間保持した後、腕を元の位置に戻します。
  6. この動きを3回繰り返します。

足首の”ちょいトレ”ストレッチング

  1. 立った状態で、一歩前に出て右足を伸ばします。
  2. 右足のつま先を上に向け、かかとを地面に押し付けます。
  3. この状態で足首と脚の後ろ側にストレッチ感を感じます。
  4. そのまま3-5秒間保持した後、足を元の位置に戻します。
  5. 次に、左足を一歩前に出して同じ動きをします。
  6. この動きを3回繰り返します。

以上の”ちょいトレ”ストレッチングは移動中でも実践可能です。しかし、移動中は周りの安全に注意しながら行い、無理に体を動かすのではなく、自分の体の感じ方に注意しながら行ってください。


”ちょいトレ”ストレッチングの効果的な方法と注意点

”ちょいトレ”ストレッチングの正しい方法

easy-five-minute-stretches-020

”ちょいトレ”ストレッチングの方法を間違えると、逆に体に負担をかけることになります。正しい方法を理解して、無理なく行うことが大切です。

準備体操

”ちょいトレ”ストレッチングを始める前に、体を温める軽い準備体操を行いましょう。これにより筋肉がほぐれ、”ちょいトレ”ストレッチング効果が高まります。

  1. まずは、軽いウォーキングやジョギングを5分程度行います。
  2. 次に、全身を軽く揺らすように動かし、全身の筋肉をほぐします。

”ちょいトレ”ストレッチングの基本

”ちょいトレ”ストレッチングは以下のステップに従って行います。

  1. ”ちょいトレ”ストレッチングを始める前に、深呼吸をしてリラックスします。
  2. ストレッチしたい部位をゆっくりと伸ばし始めます。無理に伸ばすのではなく、痛みを感じることなく、伸びている感じを楽しむ程度に留めます。
  3. 伸ばした状態を15-30秒間キープします。この間、深呼吸を続け、筋肉に酸素を運ぶようにします。
  4. ゆっくりと元の位置に戻します。

”ちょいトレ”ストレッチング後のケア

”ちょいトレ”ストレッチング後は、以下のステップに従ってケアを行います。

  1. ”ちょいトレ”ストレッチング後も、数分間は静かに休んで筋肉が落ち着くのを待ちます。
  2. ”ちょいトレ”ストレッチング後に筋肉が硬くなるのを防ぐため、ストレッチした部位を軽くマッサージすると良いでしょう。

以上が、”ちょいトレ”ストレッチングの正しい方法です。自分の身体とのコミュニケーションを大切にしながら、”ちょいトレ”ストレッチングを楽しむことが大切です。

”ちょいトレ”ストレッチング中の身体の感じ方

easy-five-minute-stretches-013

”ちょいトレ”ストレッチング中は、自分の体の感じ方に注目しましょう。痛みを感じたら無理せず、ゆっくりと動かすことが大切です。

身体への意識

  1. ”ちょいトレ”ストレッチングを始める前に、身体に意識を向けます。これには深呼吸が助けになります。
  2. 呼吸を深くし、各呼吸で身体の各部分がどのように感じるかを意識します。筋肉、関節、皮膚の感触に注意を払いましょう。

”ちょいトレ”ストレッチング開始

  1. ”ちょいトレ”ストレッチングを開始すると、伸ばした部位に引っ張られる感じ、つまり軽い圧迫感を感じるはずです。
  2. これは正常な感じ方で、筋肉が伸びている証拠です。しかし、この感じ方が激痛に変わったら、すぐに”ちょいトレ”ストレッチングを止めてください。

”ちょいトレ”ストレッチングの深度

  1. ”ちょいトレ”ストレッチング中に深呼吸を続けます。吸うたびに、少しずつ”ちょいトレ”ストレッチングの深度を増やすことができます。
  2. ただし、痛みを感じたらすぐに深度を調整します。痛みは身体からの重要なサインであり、無視すべきではありません。

”ちょいトレ”ストレッチング後

  1. ”ちょいトレ”ストレッチング後は、改めて身体に意識を向け、変化を感じてみましょう。
  2. ストレッチした部位はリラックスし、ほぐれているはずです。また、全体的に身体が柔らかく感じられるかもしれません。

これらは一般的なガイドラインであり、個々の感じ方は人によって異なります。痛みや不快感を感じた場合は、すぐに”ちょいトレ”ストレッチングを止め、医師に相談することをおすすめします。身体を無理に動かすのではなく、自分の身体と対話しながら”ちょいトレ”ストレッチングを行うことが大切です。

”ちょいトレ”ストレッチングでのケガを防ぐ方法

easy-five-minute-stretches-015

”ちょいトレ”ストレッチング中のケガを防ぐためには、動きをスムーズに行い、無理な体勢を避けることが重要です。

”ちょいトレ”ストレッチング前の準備

  • ”ちょいトレ”ストレッチングを始める前に、ウォームアップを忘れずに行います。ウォームアップは筋肉を温めて柔軟性を高め、ケガを防ぐ重要なステップです。

”ちょいトレ”ストレッチングの方法

  • ”ちょいトレ”ストレッチングはゆっくりと行い、急に筋肉を伸ばすことを避けます。急な動きは筋肉や関節にストレスを与え、ケガの原因となる可能性があります。

ペースと範囲

  • 自分のペースで”ちょいトレ”ストレッチングを行います。他人と比較せず、自分の身体の範囲と限界を尊重します。

フォームとテクニック

  • 正しいフォームとテクニックを維持します。これは”ちょいトレ”ストレッチング中に筋肉を均等に伸ばし、一部の筋肉に過度なストレスがかからないようにするために重要です。

痛みのサイン

  • 痛みがある場合はすぐに”ちょいトレ”ストレッチングを停止します。痛みはケガや筋肉の過度なストレッチの警告サインであり、無視するべきではありません。

”ちょいトレ”ストレッチング後のケア

  • ”ちょいトレ”ストレッチング後は、筋肉を冷やさないように注意します。また、ストレッチした部位を軽くマッサージして血流を促進し、回復を助けます。

以上が、”ちょいトレ”ストレッチング中にケガを防ぐための一般的なステップです。記憶に新しいときは、このリストをチェックしてケガを防ぐための最善の対策を講じてください。それぞれの身体は異なるので、自分の身体に合った方法を見つけることが大切です。


”ちょいトレ”ストレッチングの習慣化とそのメリット

”ちょいトレ”ストレッチングを日常的に行うためのアドバイス

毎日5分でも”ちょいトレ”ストレッチングを行うことで、その効果を最大限に引き出すことができます。”ちょいトレ”ストレッチングを習慣化するためのアドバイスを提供します。

日常ルーチンに組み込む

  • ”ちょいトレ”ストレッチングを日々のルーチンの一部にすることが重要です。朝起きたとき、昼休み、夜寝る前など、いつでも良いです。日常的に行うことで、自然と習慣になります。

ストレッチを楽しむ

  • ”ちょいトレ”ストレッチングはストレスを和らげ、リラクゼーションの時間にもなるため、楽しむようにしましょう。好きな音楽を聴きながら、または静かな環境で行うことをおすすめします。

目標を設定する

  • ”ちょいトレ”ストレッチングの目標を設定します。例えば、特定の筋肉の柔軟性を高めたい、日々の疲れを和らげたいなど、目標を設定することで、継続する意欲が湧きます。

リマインダーを設定する

  • ”ちょいトレ”ストレッチングを忘れないように、リマインダーやアラームを使用します。スマホのカレンダーアプリなどを活用しましょう。

自分自身を褒める

  • 定期的に”ちょいトレ”ストレッチングを行うことで、自分自身を褒めましょう。小さな達成でも、それは健康への一歩となるので、自分自身に感謝しましょう。

以上のアドバイスを参考に、”ちょいトレ”ストレッチングを日常的に行う習慣をつけてみてください。一貫性がキーとなります。毎日5分でも、”ちょいトレ”ストレッチングを続けることで、身体の健康と柔軟性は大きく向上します。

”ちょいトレ”ストレッチングを習慣化すると得られる利点

easy-five-minute-stretches-011

”ちょいトレ”ストレッチングを習慣化することで得られる利点は多いです。体調管理から集中力向上まで、具体的なメリットを紹介します。

身体の柔軟性と筋力の向上

  • ”ちょいトレ”ストレッチングを習慣化することで、筋肉の柔軟性が向上します。これにより、日常生活の動きがスムーズになり、運動能力も向上します。

姿勢の改善

  • 筋肉のバランスを整えることで、姿勢が改善されます。これは、特に長時間のデスクワークで猫背になりがちな人にとって有益です。

ストレス軽減

  • ”ちょいトレ”ストレッチングはストレス軽減にも役立ちます。身体を伸ばすときに深呼吸をすることで、リラクゼーション効果があり、ストレスや緊張を和らげます。

疲労の軽減

  • ”ちょいトレ”ストレッチングは筋肉の血行を促進し、疲労物質の排出を助けます。これにより、体の疲労感が軽減され、リフレッシュ感が得られます。

予防医学

  • 正しい”ちょいトレ”ストレッチングはケガの予防にもなります。筋肉や関節の健康を維持することで、長期的に見て身体の機能を保つことができます。

以上が、”ちょいトレ”ストレッチングを習慣化すると得られる主な利点です。短い時間でも、毎日の”ちょいトレ”ストレッチングは身体と心の健康にとって大きな助けとなります。この習慣を始めることで、より良い生活の質を手に入れることができるでしょう。


体重管理やダイエットをサポート

”ちょいトレ”ストレッチングは基礎代謝を高める

easy-five-minute-stretches-016

”ちょいトレ”ストレッチングだけで大量のカロリーを燃焼することは難しいかもしれませんが、日々の活動中により多くのエネルギーを消費するための基礎体力をつけることができます。

したがって、適切な飲食と併せて”ちょいトレ”ストレッチングを行うことで、体重管理やダイエットに効果的なサポートとなります。

体調管理をサポート

  • ”ちょいトレ”ストレッチングは筋肉の活性化を促し、基礎代謝を高める効果があります。これにより、体重管理やダイエットをサポートします。特に、筋肉を使う”ちょいトレ”ストレッチングはエネルギー消費が多く、結果として痩せやすい体質へと導きます。

注目の活動量計


MOTHER Braceletは日本製で充電不要の活動量計。歩数・睡眠量・消費カロリー・心拍数・体表温の5つの健康データを1つのデバイスで記録してより良い生活習慣へ。

gifts-for-working-moms-mother-bracelet-001

MOTHER Bracelet

「ユナイテッドアローズ」コラボ実施中!

24時間365日充電不要の活動量計


【無料で視聴できます】おすすめのRIZAP LIVE配信動画

RIZAP LIVE配信動画は無料で視聴し放題です。ただし視聴するには、チョコザップ(chocoZAP)会員登録が必要です。

ちよ子
ちよ子

結局、有料なの?

チョコロイド
チョコロイド

いいえ、無料です。

チョコザップ(chocoZAP)店舗を利用するプランを選ばなければ大丈夫です。

会員には以下の2種類あります。

  1. 無料会員
  2. 有料会員
ちよ子
ちよ子

なにが違うの?

無料会員は、チョコザップ(chocoZAP)店舗が利用できません。その他は有料会員と同じです。

そのため、RIZAP LIVE配信動画を見るだけなら無料会員で十分ということです。

無料会員になるには、メールアドレスのみで気軽に登録できます。

無料会員登録はこちら→https://live.rizap.jp/

以下にRIZAP LIVE配信動画のおすすめ動画をご紹介します。

無料ですが、会員登録しないと視聴できませんのでご留意ください。

朝ストレッチ1

————————–

https://live.rizap.jp/member/vod/detail/424

easy-five-minute-stretches-002-1
出典:RIZAP

【ちょいトレ】睡眠改善プログラム

————————–

https://live.rizap.jp/member/vod/detail/977

easy-five-minute-stretches-003-1
出典:RIZAP

【ちょいトレ】肩周りストレッチ

————————–

https://live.rizap.jp/member/vod/detail/867

easy-five-minute-stretches-004
出典:RIZAP

how-to-see-real-reviews-of-chocozap-005
おすすめポイント
  • 月額2,980円で24時間ジム通い放題!
  • 全国の店舗を利用できる!
  • 服装自由・シューズ履き替え不要!
  • 5分だけでもOK、スキマ時間に通える!
  • セルフホワイトニング/ネイルエステ脱毛・カフェ・マッサージチェア・ワークスペース・ゴルフも使い放題!
  • 「くじ」や「すごろく」で豪華景品!
  • 「スターターキット(体組成計・ヘルスウォッチ)」が無料でもらえる!
  • 有料級のRIZAP監修動画が見放題!
how-to-see-real-reviews-of-chocozap-006
chocozap_cta_haru_kit
出典:チョコザップ(chocoZAP)

チョコロイド

🔥【5月15日まで】このチャンスをお見逃しなく!

【これを使えば、さらに3,600円お得】
知らないと損!チョコザップ友達紹介コード&やり方を解説

explaining-the-referral-code-021 知らないと損!チョコザップ友達紹介コード&やり方を解説

ずーっと月額2,980

全国店舗使い放題


結論: ”ちょいトレ”ストレッチングで健康とパフォーマンスを向上させよう

easy-five-minute-stretches-017

”ちょいトレ”ストレッチングの効果を最大化するための最終アドバイス

1日5分でも”ちょいトレ”ストレッチングを行うことで、健康とパフォーマンスを向上させることができます。

効果的な”ちょいトレ”ストレッチングのためのポイント

1. 正しい”ちょいトレ”ストレッチングの実施

  • ストレッチを行う際は、正しいフォームを維持しましょう。これはケガを防ぎ、効果的な”ちょいトレ”ストレッチングを保証します。

2. 1日に数回の”ちょいトレ”ストレッチング

  • 1日に数回、短時間でもいいので”ちょいトレ”ストレッチングを行うと良いです。例えば、朝起きた時や昼休み、夜寝る前などに実施すると良いでしょう。

3. 各ストレッチを30秒間行う

  • 一つのストレッチポーズをとったら、少なくとも30秒間は保持しましょう。これにより筋肉が十分に伸ばされ、効果的なストレッチとなります。

4. ”ちょいトレ”ストレッチングと深呼吸

  • ”ちょいトレ”ストレッチング中は深呼吸を行うことをおすすめします。これにより、身体がリラックスし、”ちょいトレ”ストレッチングの効果が高まります。

5. 筋肉のバランスを保つ

  • 全身の筋肉を均等にストレッチすることが重要です。これにより、筋肉のバランスが保たれ、姿勢の改善やケガの予防につながります。

6. ”ちょいトレ”ストレッチングを楽しむ

  • ”ちょいトレ”ストレッチングを楽しむことが重要です。音楽を聴きながらや、好きな場所で行うなど、”ちょいトレ”ストレッチングが心地よい時間になるよう工夫しましょう。

7. 体重管理のサポート

  • ”ちょいトレ”ストレッチングは筋肉の活性化を促し、基礎代謝を高める効果があります。これにより、体重管理やダイエットをサポートします。

これらのアドバイスを取り入れることで、”ちょいトレ”ストレッチングの効果を最大化し、より健康的な日々を過ごすことができるでしょう。

ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。ぜひこれらの”ちょいトレ”ストレッチングを試してみてください。

Q&A
よくあるご質問

1日5分のストレッチングで本当に体に変化はあるのでしょうか?
確かに、1日5分という短時間ですが、正しく行えばこの時間で十分な効果を得ることが可能です。”ちょいトレ”ストレッチングは筋肉を柔軟にし、血行を良くすることで全身の機能を改善します。特に忙しい現代人には、仕事の合間にちょっとした時間を利用して体のメンテナンスを行うことは大切です。
仕事中に”ちょいトレ”ストレッチングを行うことで、具体的にどのような効果が期待できますか?
仕事中に”ちょいトレ”ストレッチングを行うことで、まず筋肉の緊張を和らげることができます。これは、長時間のデスクワークなどで固まりがちな肩や背中、首の筋肉に対して特に有効です。また、血行が良くなることで、頭への血流も増え、集中力が上がります。これにより、仕事の効率が上がることも期待できます。
”ちょいトレ”ストレッチングでダイエット効果があるとはどういうことですか?
”ちょいトレ”ストレッチングは筋肉を動かし、その結果、基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がると、体が消費するエネルギー量が増え、それが結果的に体質改善につながります。さらに、”ちょいトレ”ストレッチングは筋肉の柔軟性を高めるので、運動能力が向上し、それがより活動的なライフスタイルにつながる可能性があります。このように、”ちょいトレ”ストレッチングはダイエットを支援する様々な面で効果を発揮します。
「春キット」の詳細はコチラ
「春キット」の詳細はコチラ